街の絵

不動産売却をする前に実績の有無を確認しよう

媒介業者選びが重要です

不動産模型

税金がかかります

福岡市は福岡県の県庁所在地です。福岡市の人口はおよそ150万人であり、九州地方では最大の都市です。福岡市中心部の地価は上昇傾向にあり、不動産取引は活発化しています。土地や建物などの不動産物件を売却する際には、不動産会社等に媒介を依頼する必要があります。不動産売却の媒介を不動産会社に依頼する場合には、媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約には、専属選任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約があります。どのような媒介契約を締結するか、どれくらいの価格で売り出すかなどを十分に検討するとともに、媒介を依頼する業者選びが重要です。不動産売却時には、売却する物件がどの程度の価格で売買されているのかを確認する必要があります。インターネット上には、不動産物件の販売情報等が掲載されていますので、これを参考とすることもできます。不動産売却時には、利益に対して所得税や地方税が課税されます。不動産売却時の利益は、売却価格から不動産物件の購入価額、不動産会社の媒介手数料、収入印紙代などを差し引いて計算されます。所有期間が5年を超える不動産物件を売却した場合には、長期譲渡所得して利益に対して20パーセント(所得税15パーセント、地方税5パーセント)が課税されます。所有期間が5年以下の不動産物件を売却した場合には、短期譲渡所得して理江域の対して39パーセント(所得税30パーセント、地方税9パーセント)が課税されます。